格安航空券を買うメリットとは

安く航空券を購入できる

格安航空券の最大のメリットは、航空券が安いところにあります。大手の航空会社の航空券と比較するとおよそ2割から5割程度安いと言われていて、航空券の費用だけではなく燃油サーチャージも割安になっているところが多いです。航空会社によっては燃油サーチャージを無料としているところもあるので、通常の航空券よりもかなり費用を抑えられるようになっています。
その分機内食などの一部サービスが有料になっているという点はありますが、できるだけ旅行費用を安く抑えたい人や航空券を安く仕入れたいと考えている人におすすめです。ちなみに時限的なセールが開催されている場合やホテルなどがセットになっているプランもあるので、これらを利用するとさらに安くなります。

滞在日数の制限がなく、購入時にわかる情報が多い

一般的に航空券を購入する場合、滞在日数の上限や下限が制限されています。またフライト便やスケジュールも購入当時ではわからないケースが多いため、若干の不便を感じている人も少なくありません。
それに対して格安航空券の場合は片道ベースでの料金設定となっているので滞在日数の制限がなく、スケジュールによっては日帰りも可能です。またフライト便やスケジュールも購入時に確認できるところもメリットの一つで、計画を立てて旅行をしたい人にはありがたい情報と言われています。
このように旅行のスケジュールによって自由に調整ができるところも格安航空券のメリットとされているので、計画的な旅行を検討している人が利用するケースが多いと言われています。

2018年5月27日