格安航空券ってなに?

航空券が低価格の理由

旅行の計画を立てる際、飛行機のチケットはどのように選んでいますか?お得にチケットを購入する場合、格安航空券を選択肢に入れることをおすすめします。
では格安航空券とはどういった物なのかご存知でしょうか?格安航空券とはLCC(格安航空会社)のチケットのことではなく、大手航空会社が低価格で販売しているチケットのことを格安航空券といいます。
飛行機の運航には燃料費など様々な経費がかかります、飛行機を飛ばすだけでもお金がかかるのですから、チケットがあまり売れず空席が多くなると赤字になってしまうので、それを防ぐために安い価格でチケットを販売し空席を埋めるのです。格安のチケットには「ITチケット」や「PEX航空券」と呼ばれている物があり、低価格であるデメリットも存在します。

格安航空券にはどんな物がある?

一般的に格安航空券と呼ばれている「ITチケット」は、航空会社がツアー用に安くしたチケットをまとめて旅行代理店に卸し、それを個人向けに販売することで安く購入できます。ですが、予約をした後に日程の変更ができないなどの制限があるので、よく理解をしたうえで購入しましょう。
その他には航空会社が割り引いたチケットを販売する「PEX航空券」と呼ばれる正規割引航空券があります。「ITチケット」の価格は旅行会社が決めるのに対し、「PEX航空券」は航空会社が価格を決めています。航空会社だけではなく旅行代理店でも販売していて、どちらで購入しても価格は変わりません。「PEX航空券」は予約後の変更にも対応してもらえ、出発日より早いほど割引されるので早めに申し込む方がお得です。

本来の格安航空券とは航空会社が旅行会社のツアー用に通常よりもかなり安い料金で提供している航空券のことになります。

2018年5月30日